• イシイのviridian
  • ヴィリジアンとは
  • ブログ
  • ご利用について
  • アクセス
  • お問い合わせ
メニュー閉じる
ブログ

管理栄養士 市川の食育講座 報告 ★親子で作ろう!子どもが喜ぶ恵方巻きづくり★

こんにちは。
石井食品Viridian(ヴィリジアン)管理栄養士・野菜ソムリエの市川 菜緒子です。

 

2月3日は節分でしたね!皆さんはどのように過ごされましたか?

 

ヴィリジアンでは1月26日(土)に食育講座
「親子で作ろう!子どもが喜ぶ恵方巻きづくり」
を行いました。

 

 

「恵方巻きと言えば?」
「おに~!!」「豆まき!」という元気な声から始まり…

 

 

「なんで恵方巻きを食べるのかな…?」「どのように食べたらいいのかな…?」など

子どもたちに考えてもらいながら、恵方巻きの由来や伝統料理についてお話ししました。

 

講義は終わり、いよいよお待ちかねの恵方巻きづくり!
まずはすし酢作りから。

 

自分で作ってみると、
砂糖が意外と多く入っていることに気が付きます。
「え~!こんなに!!」
「こんなに塩が入っているのに、食べるとそこまで感じないですね~!」
と大人も子どもも驚いていました。

(今回は、ごはん1合に酢20g、砂糖10g、塩5gの配合です。)

 

 

すし酢の黄金比は「4:2:1」。すし(4)に(2)い(1)いと覚えましょう!

お塩の意識は小さい頃から気を付けておくと、生活習慣病予防にもつながりますよ。

 

そして、炊き立てのご飯と混ぜて、すし飯を作りました。

 

 

すし桶は、余分なすし酢やご飯の水分を吸ってくれます。

 

ポイントは、切るように混ぜること
うちわであおいで照りを出し、冷まします。お母さんと協力して作れましたね!

 

 

すし飯が出来たら、いよいよ一人一本巻いていきます!

 

七福神にちなんで、7種類の具材を用意しました。
イシイのハンバーグとごぼうサラダ、マルシェの小松菜も巻きましたよ。

 

 

ハンバーグは「温めなくても食べられる」ので袋から出してそのまま巻けて便利。
今回は縦4本にハンバーグを切って使用します。

 

みんなが好きなお肉だけでなく、お野菜もしっかりバランスよく巻きましょうね!
 

 

海苔にすし飯を広げて…

 

 

二人とも興味津々!真剣に取り組んでいました。

 

 

 

具材をのせたら、巻いて…ぎゅっ!ぎゅっ!と形を整えます。

 

 

事前に伝えたポイントを押さえて、初めてとは思えないほど上手に作れましたね!

 

 

「家でもやってみたい!」「ハンバーグと酢飯、意外に合いますね!」とお声を頂きました。
やっぱり自分で作った料理の美味しさは格別ですね。

 

本日のレシピはこちら↓

ハンバーグのソースがごぼうサラダのマヨネーズととても良く合いますよ。

 

 

今回使用した商品はこちら↓

チキンハンバーグ

ごぼうサラダ ごま入りマヨネーズ

 

 

暦の上では春を迎えましたが、まだまだ寒い日が続いています。
風邪を引かないようにお過ごしくださいね。