メニュー 閉じる
ブログ

【開催報告】12月26日(水) 第3回「イシイのかんたん料理教室」

12月26日(木)に小学生を対象とした第3回「イシイのかんたん料理教室」を行いました。

 

今回は「おせち料理」をテーマに一番だしのとりかたから始まり、料理をしながら食材の知識・食べることの楽しさを学んでいただきました。

 

参加してくれたお子さんは小学1年生~5年生まで16名。

 

 

  • まずは基本の一番だしを作ります。

 

水・かつおぶし・昆布を計量していきました。

 

「昆布って固いんだ!水に漬けたら軟らかくなるのかなぁ。」

 

「かつおぶし、たっぷりだけど軽いんだね。」

 

かつおぶしは、ひとつかみで約10gです。

 

 

 

昆布を30分、水に浸します。

 

最初は固い昆布が、どう変化していくのかみなさんに考えてもらいました。

 

  • 昆布を漬けている間に座学へ。

 

おせち料理には色々な食材がありますが、一つ一つに願いが込められています。

 

店内のどこにおせち料理が並んでいるか探して頂き、色々な気づき、由来をメモしていただきました。

 

 

 

「栗きんとん、いろんな県の栗があるんですね。」

 

「黒豆ってなんで黒いの?」「田作りっていわしなんだ。」

 

と興味津々。

 

最後に、ビンゴゲームを通して、おせちの由来を楽しく学んでいただきました。

 

「だから田作りって田んぼの田って書くんだね。」

 

「いつも食べているけど、意味があるなんて知らなかった。」

 

 

  • 昆布を取り出し、中火で沸騰直前まで加熱していきます。

 

「昆布がふにゃふにゃになってる!」

 

昆布を取り出し、かつおぶしを入れ、弱火で1分加熱し、濾しました。

 

「わぁ~いいにおい!」

 

「昆布よりかつおぶしの方が香りが強いね!」

 

 

醤油、酒、塩で調味して完成です。

 

だしを上手にとることで、食材の味が引き立ち、減塩効果にもつながりますよ。

 

  • 包丁の持ち方を確認し、お雑煮の具材(人参、小松菜)を切りました。

 

 

  • 黒豆と田作りの盛付け方のコツを伝授。みなさん、きれいに盛付していましたね。

 

 

「ゲームを通じて、おせち料理が身近に感じられたと思います。貴重な体験ありがとうございました。」

 

「だしをとる等、本格的で子どもも興味津々でした。」

 

「おせち料理など、食べさせたことがなかったので、今日をきっかけに親子で作っていきたいです。」

 

等、嬉しいご感想を頂きました。

 

 

 最後には「イシイ食品おせちキッズマスター」の認定証をお渡ししました。

 

今回の講座でさらに日本の文化、料理について関心を持っていただければ幸いです。

 

石井食品ヴィリジアンでは、2020年以降も講座を行う予定です。ご参加お待ちしております。

 

ちなみに、ヴィリジアンでは、12月30日までおせち料理を販売しています。

 

ぜひお立ち寄りくださいね♪

 

 

講師 石井食品 管理栄養士・野菜ソムリエ 市川 菜緒子(Ichikawa Naoko)

 

石井食品(株)本社1階 コミュニティハウス ヴィリジアンにて「人と食をつなぐ」をコンセプトに、日々活動。子育て世代やシニア世代に向け、様々な食の悩みに寄り添った食育講座や料理教室を行っています。外部出張講師としても活躍。